icon岡山空港について

岡山空港は、国内線は東京・札幌・沖縄の3路線、国際線はソウル・上海・香港・台北の4路線と多くのチャーター便・臨時便が運航しています。
岡山市中心部から空港へは車で約30分、最寄り高速道路インターチェンジからは約10分と利便性の高い場所に位置しており、岡山市・倉敷市とのバス定期便で近隣主要都市との移動も簡単です。加えて高速道路を利用いただく事で神戸・大阪・広島・米子・高松・高知へは2時間程度で移動出来る為、岡山県内だけでなく県外からも多くの方が国内・海外への旅行・ビジネスに岡山空港を利用されています。

  • 岡山空港概要

    所在地
    岡山県岡山市北区日応寺1277
    運用時間
    7:00~22:00
    国内定期便
    札幌(新千歳)・東京(羽田)・沖縄(那覇)
    国際定期便
    ソウル(仁川)・上海(浦東)・香港・台北(桃園)
    開港年月日
    1988年3月11日
    空港の種類
    岡山県が設置・管理する「地方管理空港」
    空港の標高
    滑走路中心点で239.2m

    空港の基本施設

    ・滑走路
    長さ3,000m、幅45m
    ・誘導路
    長さ3,621m、幅23~30m
    ・エプロン
    ジェット機用 7バース
    小型機用 6バース
    ・敷地面積
    187.2ha(駐車場を含む)

    ターミナル施設

    ・空港ターミナルビル
    国内線エリア 8,774㎡
    国際線エリア 7,161㎡
    ・貨物ターミナルビル
    3,410㎡